電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

2012年7月9日 

iPadの外付けBluetoohキーボード、ロジクール TK600を購入したよ!

iPad 周辺機器



【Logicool Tablet Keyboard For iPad TK600】を購入しました。
Logicool TK600

ずっと欲しかった、でも無駄になりそうだと思いずっと迷っていた、そんなiPad用の外付けキーボードをやっと購入したワケです。

 

さぁ、ひとまず、とっとと開けてみます。
Logicool TK600
外箱は、紛れもないロジクールな箱です。
 

Logicool TK600
中身もシンプル。乾電池も装着済みなので、本体以外は保証書がペラっと入っているだけ。
 

Logicool TK600 Case
実は一番驚いたのはケース表面の質感。写真の見た目からは堅いプラスチックだとばかり思っていたけど、実際は、取引先とかから年末に貰う、革ぽいけど革じゃなく、明らかにビニールだってほど安っぽくもない、そんな手帳の表紙のような素材だった。分かってくれるかなぁ・・・あっ、思ったより良かったっていうことね。
 

Logicool TK600
アイソレーションキーボードは初めてでしたが、特に問題なくタッチタイプOKでした。キーは少し重い感じはありますが、キーストロークの短さを考えるとちょうど良いのかもしれません。ボク的には、見た目も質感も良くてよかったと思います。
 

Logicool TK600 Case
キーボードのケースは縦に開いて組み立てると、iPadのスタンドになるといギミック付き。
 

Logicool TK600 Case
バチンとバチンと二カ所はめ込むことで、しっかりしたスタンドに変身。
 

Logicool TK600 Case
真ん中の部分を引き出すことで、iPadの角度も調整することが出来て、スタンドとして充分使えるっすぅー!
 

TK600 with iPad
実際にiPadを置くとこんな感じ。ちょっと使って見たけど、テキスト作成はノートの代わりになるなぁと実感した。ただ見た目は小さめのノートパソコンになっちゃって、外で使うにはちょっと恥ずかしいかもって思った。えぇぇーーー、わざわざぁ?的な。
 

とまぁ、こんな感じでササッと開けて見ましたが、実はこのキーボードの購入を機に、ATOK Padも購入しているので、実際の使い心地の話は、もう少し使用してみてから、改めて書きたいと思います。
 

このキーボードを買ってから、絶対にあり得ないと思っていた、折りたたみ式のキーボードが気になり始めましが、気持ちをしっかり持って、さらなるキーボードの購入は断固として阻止したいと思います。

 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-iPad, 周辺機器

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.