電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

SLIKの卓上三脚 ミニ IIが思っていたより良い感じだったよ

アクセサリー カメラ



slik_mini_tripod_214817_01
どもどもっ!電気通うのナタリ(@denkikayou)です。

今回はSLIKのミニ三脚[214817]を購入しました。目的は基本的にはEOS M用で、卓上三脚としてや、ローアングル用の三脚として使いたかったからです。後はダメだと思いつつも、一眼レフの三脚としても使えればいいかなぁなんて淡い期待もしていたり。

それではどんなものか見ていきます。
slik_mini_tripod_214817_02
中身は至って普通。ポーチもついていました。

slik_mini_tripod_214817_03
三脚自体に安っぽさはあまり感じませんでした。さすがに雲台はそれなりでしたけど。

slik_mini_tripod_214817_04
コンパクトさはiPhone5と比較。小さいですよね。

slik_mini_tripod_214817_05
実際に立ててみるとこんな感じ。全高は220mmとのこと。思ったよりしっかり安定する感じでした。脚は2段なのでもう少しだけ伸ばすことができます。状況によって多少調整するこが可能ですね。

slik_mini_tripod_214817_06
最大重量は1kg以内となっているので、EOS M程度のカメラでは全く問題なしの安定感。

slik_mini_tripod_214817_07
かなり下に向けても倒れる感じではありませんよ。

slik_mini_tripod_214817_08
そして次は5D MarkIIで実験。このレンズとの組み合わせで大体1.3Kgくらいだけど、ひとまず重さで倒れたり、雲台の向きが変わってしまったりということはなかった。
多少重量オーバーな一眼レフでも場合によってはなんとか使えそうだ。

slik_mini_tripod_214817_09
最後はポーチ。

slik_mini_tripod_214817_10
当然ジャストサイズ。

slik_mini_tripod_214817_11
入れたらこんな感じ。普通に使えそうなポーチだけど、素材自体がとてもホコリをよぶタイプなんだよね。まぁ仕方ない。

今回買ったこの三脚はとっても低価格なもの。価格だけだとおもちゃ?ってくらい安いです。だからEOS Mで不足なく使えればいいと思っていたのですが、実際は大きめのカメラも割としっかり固定できるという使える三脚でした。
ただ雲台に関しては少し安っぽく、自由度も少ない感じなので、その辺に不安を感じる場合、雲台が自由雲台になっているワンランク上のSLIK 三脚 ミニプロ 6 [215678]を選ぶのがいいと思います。どうやら三脚自体は同じものみたいなので、雲台の違いが選ぶかのポイントということですね。
とはいえ、今回は思いの外しっかりしたミニ三脚を購入できましたよ。軽量・コンパクトで外にも持ち出しやすく、利用価値は高そうだなと思いました。一つ持っていても良い三脚だと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-アクセサリー, カメラ
-,

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.