電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

iOS7にしたらiPhoneのカメラでiTunesカードのコードが読み取れるようになったよ!

iOS iPhone



iOS7

どもどもっ!ナタリ(@denkikayou)です。

予定通りiOS7が公開されました。巷では使っているアプリが動かない可能性があるのでアップデートはちょっと様子見って人もいるようだけど、ボクは迷うことなく速攻アップデートしました。

今回は大幅なアップデートだったため、慣れるまで少し時間がかかるかもなぁと思っていました。しかし、見た感じも使った感じも違ってはいるけど、基本的にはiOSなので迷うことはなかったし、アプリは今まで通りなので問題はなさそうです。それより新しく追加になった新機能がいくつかあってそれが気になりますよね。
そこで今回はiTunesカードのコードをiPhoneのカメラで読み取る機能を試してみましたよ。

 

コードを使う
まずはApp Storeアプリを開き、一番下の方にある「コードを使う」をタップします。

 

コードを使う
コードの入力方法が選びます。ちゃんと「カメラで読み取る」という項目がありました。カメラで読み取るには、コードが枠で囲まれている必要があるようですが、iTunesカードを使っている分には問題ありませんね。
コードだけを手に入れたりする場合もあると思うので、当然今まで通りキーボードで入力することもできます。

 

コードを使う
「カメラで読み取る」をタップするとすぐにカメラが起動します。Readeemの様な枠の中にコードを納めて読み取るとばかり思っていたのですが、そんな枠はなくカメラが勝手にも読み取るタイプだったんです。スクショはまだコード側を写してないので、誤認識して変なところに枠線が出てます。

 

コードを使う
いざコード面にカメラをかざすとびっくりします。それは認識がとっても早いんですよ。かざすだけであっという間です。ホントにあっという間でスクショを取れなかったんですが、正しく認識されると白の文字と枠が緑になりました。すでに読み取ったコードを使うと白から赤へと変わりコードが使用済みだと怒られます。

 

コードを使う
そしてコードが読み取られると速攻チャージまでもが完了します。本当にチャージするかどうかの最終確認もありません。カメラでコードを読ませたら最後、チャージ完了まで一気に終わる感じです。まぁiTunesカードのコードを試しに読み込ませるってことはほとんどないと思いますが、一応コードにカメラをかざしたらチャージまで一気というのは分かっておいた方がいいです。

これだけ認識が早くて、しかも正確なのでホントにすごいと思う。残念だけどReadeemに出番はもうないやってこないかなぁ・・・・それくらい良い感じでした。

iOS7になってから他にもいろいろと機能が追加されているので、試して使ってみてどうだったかはまた別に記事にしたいと思います。これからちょっと楽しみが増えそうです。それでは。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-iOS, iPhone

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.