電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

2013年12月3日 

EOS M の後継機「EOS M2」が発表になりました!

カメラ キヤノン



CANON EOS M2
どもどもっ!ナタリ(@denkikayou)です。
キヤノンからEOS Mの後継機「EOS M2」が発表されましたよ。
EOS Mを使っているボクとしてはちょっと気になる発表だったのですが、果たして買い換える必要があるほどのモノなのでしょうか?

 

EOS M2で何が変わった?

今回EOS M2モデルチェンジされ、EOS Mからの主な変更を現時点で分かる範囲でまとめてみました。

  • ハイブリッド CMOS AF IIの搭載でAF性能が大幅に向上
  • Wi-Fi機能を搭載し、スマホ等に画像転送やアプリでのリモート操作に対応
  • 4つのポジションの新モードダイヤル
  • ボディサイズの小型化と軽量化
  • 画像編集にトリミング機能の追加
  • 動画デジタルズーム(3~10倍)を搭載
  • ステレオマイク搭載位置の変更

細かい変更点は他にもありますが、目立った点はこのような感じでした。中でも大きな変更点と言えそうなのは、CMOS AF IIの搭載とWi-Fi機能を搭載くらいじゃないでしょうか?サイズの変更は手に持ってみると違いがあるかもしれませんが、機能的にはほぼマイナーチェンジ程度の変更にとどまっている様に思えます。

ボク的に次期EOS Mに期待していたことは以下。

  • 70Dに搭載されているデュアルピクセルCMOSセンサーの搭載。
  • レリーズ端子
  • EOS Utilityの対応

正直ボクにとってEOS Mは一眼レフのサブというより、普段使うコンデジ的な存在なので、現状それほど不満があったワケではありませんでした。ただ、上記3つが搭載されれば一眼レフの使い勝手に近づくかなぁと思い、ちょっと期待していたんですよ。
まぁWi-Fi機能の搭載で、リモート操作ができるようになり、ワイヤードレリーズはそちらで代用できそうですけど、レリーズ端子は結構不満点として上がっていたように思うのに、搭載されませんでしたね。
事前に流れていたEOS M2の噂は、かなりマイナーチェンジ的なモデルになるようだということだったんで、期待はしていなかったため、残念感もそれほど感じていませんでしたけど。

 

まとめ

正直今回は買い換えたいと思うモデルチェンジではありませんでした。WiFiの搭載はちょっと魅力的ではありますが、スマホへの画像転送はEye-Fiカードの方が便利だし、EOS Mを持っている人にはすすんで買い換えるモデルではないように思えます。最近ではEOS Kissのモデルチェンジも1代ではそれほど違いがないですもんね。
後、今現在EOS Mを購入を検討していた人にとっては、EOS M2の発表で値がさらに下がる可能性のあるEOS Mを狙うチャンスかもしれませんね。自分の使い方をよく考えてどちらにするか考えると良いのではないのでしょうか?

というわけでボクはEOS M2はおとなしくスルーして、さらに次に出るであろうEOS M3を待った方が良いかもしれないと思っています。
ただ、これだけ機能の違いが少ないモデルなので、値段がこなれるのも早そうかな?とも思うので、ボディ単体でもEF-M18-55 IS STM レンズキットでも、価格が35,000円くらいに下がったら購入してみようと思うかもしれませんけどね。
まぁ当分は様子見って感じですかね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-カメラ, キヤノン
-

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.