電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

Phone 5s Case をiPhone 5に付けてみる

Apple iPhone アクセサリー



iPhone 5S Case
ども、ナタリ(@denkikayou)です。
今回はポイントで手に入れたアップル純正のPhone 5s Case - (PRODUCT) REDをiPhone 5に付けてみたので紹介します。

Phone 5s Case - (PRODUCT) RED

発売されてから少したっているのでレビュー的なモノはいろいろなところで書かれていると思うけど。一応ボクも書いちゃう!
Phone 5s Case
やっぱり赤を選んでしまうんですよね。
Phone 5s Case
早速開けて触った感じは。しっとりした感じの革じゃなかったな。ちょっと思っていたのと違う感じ。iPadのスマートカバーの方がもっと革っぽかった。触り心地は悪くは無いと思ったけどね。あと、思っていたより薄くて軽かったです。
Phone 5s Case
細かいところは見るとさすがに純正品。カメラ周りもばっちり。裏面のアップルマークの刻印はやっぱりいいねぇーって思う。
Phone 5s Case
ボリュームボタン周り。ボタンのカタチに飛び出しているので押しやすいですが、ボタンのクリック感?みたいなモノは少し薄れ、多少押すのに力が必要になる感じがした。サウンドオンオフについては特に問題はないね。
Phone 5s Case
スリープボタンもボリュームボタンと同じ印象。
Phone 5s Case
さすがに純正と思えるピッタリデザイン。最低限の穴だけあいている感じ。
これはAir Jacketと共通する感じだね。
Phone 5s Case
iPhoneに直接触れる内側部分はマイクロファイバー製という事で、傷つけずに保護してくれそう。
Phone 5s Case
内側にもiPhoneの文字。見えない所だけどなんか良いですよね。

実際に取り付けてみた

Phone 5s Case
やっぱり純正だけある穴の位置もピッタリの加工。
Phone 5s Case
ボタン側も問題ない
Phone 5s Case
カメラ部分も当然ピッタリ。
Phone 5s Case
全体的な見た目はこんな感じ。正直iPhone 5Cに似ちゃうだろうなと思っていたけど、思った通りの予想通りw

エアージャケットと比べてみる

今まで使っていたパワーサポートのエアージャケットとも、サラッと比べてみます。
Phone 5s Case airjacket
どちらもiPhoneの露出は最低限に抑えられているって感じで、似たようなデザインになっている。
Phone 5s Case airjacket
エアージャケットはボリュームボタンとスリープボタンがくり抜かれているのが違う所。
持ち比べてみるとスルッと滑りそうな印象のエアージャケットにくらべ、アップルのケースの方はいくらかマシな印象です。また衝撃も多少吸収してくれそうな感じがするので、保護としてはPhone 5s Caseの方が高い様な気がしました。

色の違うiPhoneでの見た目の比較

最後に赤いケースの場合、黒と白で見た目がどう違うか比較してみました。
black and white
ボク的には黒に赤はカッコイイと思っています。
black and white
白に赤も変ではないと思うけど、ボクはちょっとおめでたすぎる気がするんだよねー。

最後に

今回手に入れたPhone 5s Case - (PRODUCT) REDですが、やっぱりアップル純正だけあって作りは丁寧でしっかりしていて不満な所は無かったです。ただイヤホンジャックの穴はあまり大きくないので、モノによって使えないイヤホンがあると思います。ボクの使っているイヤホンは超ギリギリで使えたって感じでした。
まぁ後は値段かなぁ?革として考えれば高いワケじゃないかもしれないけど、正直、革ならではの良さっていうモノはあまり感じ無かったかも?他のレビューみると革の質感が良いと絶賛している人が多いんだけどねぇ・・・確かに触り心地は悪くないけど、そこまで?って思ってしまいました。
まぁ天然の素材だから個体差があるかもしれないし、単にボクが良いモノが分からないだけかもしれないしw
どちらにしても、しばらくこのケース使ってみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-Apple, iPhone, アクセサリー

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.