電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

iPhone5からiPhone 6 Plusに変えてみた話。

iPhone



iPhone 6 Plus
ども、ナタリ(@denkikayou)です。
今回2年間使ったiPhone5から新しく登場したiPhone 6 Plus 64GB スペースグレイへ機種変更したので、紹介したいと思います。

 

 

iPhone 6 Plus

開封の儀というわけではないですが、ちょっとどんな感じだったのか紹介します。
まず箱。
iPhone 6 Plus
今回はデザインが大きく変わりましたね。とってもシンプル、というかほぼ真っ白。
人によってはエンボス加工(って言うのかな?)のあたりにカッコよさを感じるのかもしれませんが、ナタリ的には特に何も感じずどうでもいい感じ。もしかするとアップルにとっては「この白い箱のデザイン、次に真似してくるのはどこかな?ヒヒヒ」なんて単純に釣り目的もあったりしてね(笑)
箱を開けるといつも通りiPhoneが登場します。
iPhone 6 Plus

 

そして付属品についても目新しいことはなく、5の時と変わりのない内容です。
iPhone 6 Plus
iPhoneを使うのが初めてじゃないのなら、開封に関しては特に驚きはないですね。

 

問題の大きさはどうだったか?

今回も当たり前に予約の時点では、新しいiPhoneはモックさえ触ってない状態。それをイメージだけで未知の大きさであるiPhone 6 Plusを選んだワケだから、正直、手元に届くまで大きさに対する不安は感じていた。
しかし、ドキドキしながら実際に手に取ってみるとその不安は8割方なくなった感じです。
iPhone 6 Plus
初めて手に持った感じは確かに大きいと思いましたが、時間が経てば経つほどナタリ的には問題を感じなくなってきました。ネット上では大きすぎるとの声を良く聞きますが、現時点では単純に違和感を感じているだけのような気がするなぁ。。
じゃあ、残り2割の消えなかった不安って何?ってことですが、それはやっぱり携帯性についてです。持ち歩くことを考えるとコンパクトさは大事なことだから、今後使うであろう2年間のうちに、大きくて持ち歩きづらい!って感じることがあるかもしれないなと。ただし重くないからね。大丈夫かなとも思うけど。
それよりも驚いたのは、少しの時間しかたってないのに、既にiPhone5はちっちゃく感じるということ。
iPhone5
iPhone4からiPhone5に変えた時のように、1つ前の小さな画面には戻れないなという感覚を既に感じでいます。きっとそれは快適になったってことなんだろうね。たぶん6や6Plusに変えた多くの人が同じように感じていると思います。

といわけで、ナタリにとってはPlusの大きさは思ったより問題ない感じでした。ただし大きさに関しては今後印象が変わってくることもあるかもしれないですよね。6Plusになってから片手操作はできない場面も出てきたし、手に取ったiPhoneが上下逆だった場合、片手だけで持ち変える動作はかなりやりづらく落としそうになるしね。これらは慣れで気にならなくなるのか、それとも我慢できないものになるのかは、今後使っていかなければ分からないことなんだろうなぁと思ってます。

 

ソフト面の使い勝手はどう?

Safariなど純正アプリは既にiPhone6/6Plusの画面サイズには対応しているので、一画面に表示できる情報量も多く使いやすくなっています。しかし、サードパーティー製のアプリは、現状では未対応のものが多い感じです。というわけで対応の有無によって見え方が違うのでiPhone5の画面と比べてみることにしました。
まずは対応済みのアプリであるウィズダム2の画面をiPhone5と比べてみました。
ウィズダム2
文字の大きさがほぼ変わらないため、画面の大きさに応じてテキスト数が増え情報量が増えています。対応アプリなら大画面化、高解像度化のメリットを感じることができますね。特にこのような辞書などのテキストベースのアプリは使いやすくなってると感じます。

価格 ¥2,900 (記事掲載時) アプリサイズ 214.8 MB
カテゴリー 辞書/辞典/その他, 教育


 

次は未対応のGoodReaderの場合。
Goodreader4
単純に拡大表示しただけの状態になっています。未対応アプリの場合はどれも皆拡大されて表示されるのですが、画面が黒くかけたりすることなく見た感じ全く問題なく使えます。ただやはりGoodreader4も対応されれば、一画面の情報量は増えて使いやすくなるだろうと思うので、アップデートが待ち遠しい感じです。

価格 ¥300 (記事掲載時) アプリサイズ 40.8 MB
カテゴリー 仕事効率化, ビジネス


 

非対応のi文庫Sも拡大表示なのは同じ。
i文庫S
しかし、実際に本を読んで見るとただ単純に拡大されるだけでも、字が大きくなり見やすくなりました。アプリによっては拡大されるだけで使いやすくなるものもありそうですね。iPhone 6 Plusなら読書もストレスなくいけそうな気がする。
i文庫S

価格 ¥300 (記事掲載時) アプリサイズ 23 MB
カテゴリー ブック, ユーティリティ


 

ゲームに関しては拡大表示するだけで何も問題ないと思う。
試しにマインクラフトPEの画面。
MINECRAFT PE
ゲームは大きい画面の方が断然やりやすいですね!大きい画面の方が見やすいというのもあるし、タッチ操作の際、指で画面を隠してしまう範囲が相対的に小さくなるからね。マインクラフトPEだけじゃなく、ゲーム全般遊びやすくなる印象でした。パズドラやツムツムなどなぞる系のゲームは移動量が大きくなるけど、やっぱりやりやすくなったとボクは思いました。

価格 ¥700 (記事掲載時) アプリサイズ 10 MB
カテゴリー ゲーム, アドベンチャー, シミュレーション


 

ゲームの場合は画面サイズに関わらず、表示される画面の内容は同じだと思うので、今後アプリ側が対応しても、多くのゲームは見た目に大きな違いはないんじゃないかと思う。
今後は多くのアプリがアップデートされていくと思うので、楽しみに待ちましょー!

 

まとめ

待ちに待ったiPhone 6 Plusを手にいれ、不安だった大きさも実際には問題ないこともわかり、今のところは後悔はなく逆に大満足です。少しだけiPhone6も持ってみましたが、どちらかというとあちらの方がサイズの面ではiPhone5/5sの正統な後継機という感じなのは間違いなかったですけどね。
6Plusの登場で、今後スマホの画面サイズがどう変わっていくかはちょっと楽しみではあるけど、その反面どのサイズを選べば良いかと悩む人もどんどん増えていきそうですね。

 

今回のiPhoneは正直に言うと、大画面以外にはそれほど大きな進化はなかったと思います。ナタリはiPhone5からの変更なので、Touch IDなど便利な機能も増えてますが、iPhone5Sから見ればその差は小さいものでした。しかし、より自由度が増したiOS8と組み合わせて使うなら、大画面のiPhoneは今まで以上に便利なものになりそうだとナタリは期待しています。
これからはアプリの対応を待ちつつ、iPhoneをより活用できるようにいろいろなことを試していきたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-iPhone

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.