電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

2015年5月22日 

EOS MからM3へ買い換える意味はあるか?ちょっとだけ比べてみた。

カメラ



MとM3
どもっ、ナタリ(@denkikayou)です。

 

最近忙しくて、この前買ったEOS M3は全然触れていないのですが、今回は初代EOS MとEOS M3の違いから、M3を買って良かったかどうかを考えてみたいと思います。

 

 

EOS M と EOS M3違い

世代が1つ飛んでいるので、違いは結構ありますよね。ていうか、カメラとしての方向性が若干変わったと言えるくらい別のカメラになっていると思います。MとM3の間にはM2があるのだけど、MもM2も大して変わらないと思うので、【M、M2】と【M3】と分けても良いのじゃないでしょうか。(M2ユーザーは、Mとは違うと怒りそうだけど)

 

ナタリ的に買う前から分かっていたことで、良さそうだな思っていたのは、

  • モードダイヤルと露出補正ダイヤル
  • ハイブリッドCMOS AF III対応
  • 外付けEVFに対応
  • チルト液晶

他にも2420万画素だったり、Wi-Fi搭載だったり、フラッシュ内蔵だったり、たくさん違いはありますが、本当によさそうだと思ったのは以上の4つ。

 

モードダイヤルと露出補正ダイヤル
モードダイヤルと露出補正ダイヤル
実にカメラっぽくなった変更点。液晶画面での操作に比べれば格段に分かりやすい。
しかし、デザイン的には平凡だし、何よりダイヤルが回しづらい。しかも回した時の感触もあまり良い感じではないので、ボク的に残念な部分も残った。
ただし、M3はこれだけじゃなく、他の部分にも操作性向上が図られているので、全体的に使いやすくなっているのは間違いない。

 

ハイブリッドCMOS AF III
ハイブリッドCMOS AF III

キヤノンのミラーレスカメラにおいて、1番の問題点だと言えるAFの速度。初代Mが出た当時の叩かれ方は相当なものだったけど、ファームアップや、M2でのハイブリッドCMOS AF IIの搭載で少しずつ進化はしていたよね。しかし、今回のハイブリッドCMOS AF III搭載によってその進化はホントに大幅アップしてます。それは使ってみるとすぐに分かりますよ。状況によっては位相差のみでフォーカスできるのでホント気持ちよく合焦します。また、マウントアダプタを使ったEFレンズの場合でも同じように効果的でした。

 

外付けEVF
EF-M 22
実はナタリは「ミラーレスカメラにEVFは必須ではない」という意見の持ち主でした。今でもEVFは無くても良いと思ってるけど、あればあったで便利ものだなぁということも今回使って分かりました。何が良かったかって、非常に見やすかったんですよね。確かに少し荒い液晶画面を見ている感じなのは否めませんが、ファインダーを覗いて撮影するという一眼レフ的な感覚で使うことができたのは、やっぱり良いものだなぁと。

 

チルト液晶
チルト液晶
チルト液晶は正直に言えば「あればいいよね」くらいの感じでした。今まで1度もバリアングル、チルト液晶のカメラを持ったことが無かったから憧れがあったのかもしれないw しかし、今まで撮影してきた中で、「この液晶がチルトすれば良いのに!」って思ったこともあったので、それを考えると今後活躍する場面は必ずあると思います。

 

以上4つがナタリ的に買う前から気になっていた点なのですが、Mには付いてなかった機能なので、この点だけでもM3を購入した甲斐は充分にあったと思っています。

 

そして、これ以外の機能についても実際使ってみて感じたことをいくつか上げてみますね、

 

まずはWi-Fi機能 これもナタリ的に初の機能。ただ、今までEyeFiカードを使っていたのでスマホに写真を転送する機能についてはそれほど重視していませんでした。しかし、スマホアプリ「Camera Connect」を使ってのリモート撮影はとても便利で、細かくピントも調整もできることを考えると、物撮り、風景、マクロ撮影などの撮影で便利に使えそうそうです。

価格 無料 (記事掲載時) アプリサイズ 13.8 MB
カテゴリー 写真/ビデオ


 

内蔵フラッシュ これはナタリ的には無いよりはあった方が良いと言う程度ですが、こちらも良くなった点です。普通のスナップ撮影では充分だと思います。
内蔵フラッシュ

 

というわけで、ここまでは良かった点を上げてみました。しかし、ここからは、微妙な点やあまりよくないと思った点をいくつか上げてみます。

 

気に入らなかった点

 

サイズアップ これは当然のことながら不満点。今回は新しい機能が多く盛り込まれたため、仕方にないこととは分かっているけど、それにしても、M、M2のコンパクト路線から割と本気な本格路線へと変わった点は、うまく言えないけどちょっと複雑な気持ちになる。ミラーレスはコンパクトであるべきだと思っているからね。
また、大きくなった代わりに付いたと言ってもいいしっかりとしたグリップは、高評価の人も多いと思うけど、ボク的には思ったより撮影がしやすくなったような気はしない。

 

バッテリーの変更 これも微妙。今回バッテリーがLP-E12から新型のLP-E17へと変わった。変わってしまうのは仕方ないとしても、どうせ変えるならもう少し容量の大きなモノにすれば良かったのにと思ってしまう。まぁどちらにしても一日撮影するなら予備バッテリーは必要なのは変わらないことなんだけど。

 

ストラップホールの変更 M、M2は特殊な金具でストラップを取り付けるタイプだった。Mはこの流れだとばかり思っていたが、M3からは一般的なストラップに変わった。取り外しが容易なのがウリだったのだけど、確かにそれほど付け替えること無かったもんな。これってもしかして逆に良い点かな?ただ裏切られた気分は消えないわw
ストラップ

 

ということで気に入らなかった点も書いてみましたが、正直たいして致命的な不満点ではないよね。全体的にM3に対して好印象ということでOK!

 

まとめ

今回は、使用回数が少ないですが、MとM3とを使い比べてみて、買い換えて良かったかどうかを考えてみました。正直ほぼ全ての面において進化したカメラとなっているので、ボクにとってはM3は買って良かったと思えるカメラになりました。

 

ただし画質など写真の写りの面では、Mも良く写るカメラですから、それほど大きな違いは感じられないかもしれません。ボクはキヤノンを信じてキヤノンのカメラを使っている為、購入する際の画質についてはそれほど重視てないので、その辺については語らないことにします。

 

はい、というわけで、今MやM2を使っている人でM3に買い換えようと思っている人の参考になれば良いなぁと思っています。ボクにとってM3は現時点でほぼ不満点はないカメラなので、長く使えそうな気がしています。
買い時については、EVFセットが手に入る内は急いで購入してもいいと思いますが、もし無理ならもう少し値段が落ちるまで待っても良いかもしれませんね。

 

今回はEOS M3はとてもいいカメラだと思うので、M、M2からの買い換えもオススメですよって話でした。

 

それではー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-カメラ

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.