電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

2015年12月21日 

トラベラーズノートでラミーサファリを持ち歩く為にペンホルダー Mを購入してみたけど・・・

トラベラーズノート 文房具



トラベラーズノート ペンホルダー

 

どもっ、ナタリ(@denkikayou)です。

 

今回はラミーサファリローラーボールをトラベラーズノートと一緒に持ち歩きたかったので、トラベラーズノート ペンホルダー M 茶 016を購入してみました。

 

 

トラベラーズノート用ペンホルダー M 016

ミドリからトラベラーズノート用に販売されているペンホルダーはMとSの2タイプ。Mはペン自体を通すタイプ、Sはペンのクリップを通すタイプです。

 

今まではSタイプのホルダーを使ってジェットストリームのラバーボディを引っかけて持ち歩いていたのですが、ラミーサファリで使いたい場合はクリップの幅がありすぎて、Sタイプでは使うことができません。

 

そこで、Mタイプだったら、軸は通すことができなかったとしても、きっとクリップを通して使うことはできるはず!と思い購入してみました。

 

ホルダー部分の違いはこんな感じ。Mタイプは直径12mmまでのペンで使えるとのこと。
(あっ、テープを貼っているのはここにノートの表紙が引っかかるからですw)
SとM

 

それでは実際に取り付けて、ラミーサファリのローラーボールを付けてみます。

 

12mmまでということで、やはりキャップは通せませんでした。写真の位置が限界です。
ラミーサファリローラーボール

 

それでは、仕方ないのでクリップを引っかける作戦で。

 

クリップは通すことができました。画像でみる感じは、悪くなさそうに見えるでしょ? でもねー、思っていた以上に使いづらかったんだよね。
クリップを引っかける
サファリのクリップって結構キツめなので、取り付ける際、ズレないようにホルダーを押さえつつ、サファリの方はキャップからペンが外れてしまわないように押さえながらクリップを通すって感じ。要するにメンドクサイ。

 

まぁ後考えられるのはキャップはホルダーから外さず、ペンだけ抜いて使うって感じかな?

 

うーん・・・・

 

どっちにしても「こういう風には使いたくないわー」っていうのが正直な感想。

 

ちなみに、ジェットストリームのラバーボディーで使ってみましたが、コチラの場合はピッタリでした。
ジャストサイズ

 

でもねー、やっぱりねー、使いづらい・・・

 

そもそもペンを通すタイプのペンホルダーが使いづらいんだと気付いた。
太さや材質によって滑り具合は違うんだろうけど、何だか一生懸命ペンを通している自分に気付いちゃって・・・ うーん・・・

 

結局ボクにはトラベラーズノート用ペンホルダー Mは合わなかったんだな。という結果でした。

 

まとめ

今回のことで、逆に「今まで使っていたSタイプはとっても使いやすかったんだね。」と気付きました。

 

組み合わせるペンにもよるんですが、サッとクリップを引っかけるだけなのはイイ!
引っかけるだけ
ホントはこんな感覚でサファリを持ち歩ければ良いのになぁ。

 

今後ボクに残された道は2つかな。
今まで通りSタイプを使い続けるか、それとも、Mタイプにサファリをクリップで引っかけてペンだけ抜いて使うかですね。
キャップ付けっぱなし
ただ、現時点で、サファリを使いたいなら後者を選択するしかない感じ。あまり気は進まないけれど、基本は慣れだと思うので、時間が経てば「使いやすい!」って言ってたりしてw

 

というわけで、今回買ったトラベラーズノート純正のペンホルダーMは、ボクに新たな悩みをもたらすモノでした。

 

もし、ラミーサファリをこのペンホルダーを使おうかなぁなんて考えている人は、充分情報収集してからよーく考えて購入した方が良さそうですよ。お気を付けて。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-トラベラーズノート, 文房具

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.