電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

2016年1月9日 

ロジクールのマウスG700sのバッテリーをeneloop proに変えてみた。

周辺機器



eneloop pro

 

どもっ、ナタリ(@denkikayou)です。

 

今回は、ロジクールのマウスG700sの電池持ちが悪いので、高容量の「eneloop pro」を購入してみました。果たして電池持ちは良くなるでしょーか?

 

 

eneloop pro

現在エネループは、ベーシックな「eneloop」、大容量の「eneloop pro」、くり返し充電に強い「eneloop lite」の3ラインあります。ボクは今まで普通のエネループで不便していなかったので、今回が初めてのエネループ プロになります。
エネループプロ

 

今回購入のモデルBK-3HCDは、2015年10月にモデルチェンジしたとのこと。最小容量は2,500mAhとなっていて、それまでのモノより50mAhアップしてるそうだ。

 

色が黒なのはカッコイイが、やっぱりデカいPanasonicは格好良くない。
エネループプロ

 

大食いには大盛りで

今までロジクールのG700sに普通のエネループを入れて使っていたのですが、大体1日とちょっと程度で電池交換が必要でした。朝交換した電池は次の日の昼前にはなくなる感じ。かなり短いですよね。

 

以前使っていたM950も電池持ちは良い方じゃなかったけど、それよりもさらに短くて、G700sに変えてからは、いつも「さっき電池換えたばっかじゃん!」って気がしているんですよねw

 

そこで「大食いには大盛りで対処」という単純な考えでエネループ プロを与えることに。
G700sにeneloop pro

 

結果として、今まで1日ちょっとだったものが、1日半くらいに伸びました。朝交換したら次の日の夕方から夜くらいまで持つ感じ。

 

厳密な話をすれば、マウスの使う時間は常に一定じゃないので正確な比較にはなっていないと思いますが、PROの方が電池持ちが良くなっているのは分かりましたよ。

 

エネループ プロに変えた効果は、まぁまぁあったんじゃないかなぁという感じです。

 

まとめ

今回エネループ プロに変えて、マウスの電池持ちが少し良くなったとはいえ、普通のマウスに比べれば驚くほど短いですよね。

 

G700sはホント電池の持たないマウスなんですなー

 

まぁ、それでもボクはG700s使うのを止めたいとは思いません。そう思わせるだけの使いやすさがこのマウスにはあるので、今後も面倒くさがらずに電池交換しながら使っていこうと思います。

 

G700sを使っている人は、少しでも電池が持った方がうれしいと思うので、普通のエネループで使っている人は、エネループ プロに交換してみるのも良いかもしれませんね。ちょっとだけ長持ちするようになりますよ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-周辺機器

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.