電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

トラベラーズノート用の2018年マンスリーカレンダーを作ったよ!

トラベラーズノート



トラベラーズノート2018年マンスリーカレンダー

どもっ、ナタリ(@denkikayou)です。

今年もトラベラーズノート レギュラーサイズ用の2018年マンスリーカレンダーを作りました。
今回も例年通りPDFで配布しますので、もし用途に合えば自由に使ってみて下さい。

 

トラベラーズノート用の2018年マンスリーカレンダー

月曜始まり

日曜始まり

このカレンダーはトラベラーズノートのレギュラーサイズ用マンスリーで、期間は2017年12月~2019年2月までの15ヶ月間となります。

ダウンロードしたPDFを印刷・製本して利用するカレンダーで、今年も月曜始まり、日曜始まりの2パターン用意しました。

製本方法などは過去のエントリーで説明しているのでそちらを参考にしてみて下さい。

本当は作り方などのまとめページがあればいいんだけど、それは時間があるときにでも。

注意
カレンダーデータは誰でも自由に使うことができます。ただし、カレンダーを使用し何か問題が生じてもナタリが責任を取ることはありません。また、デザイン変更などの要望にも応えることもできません。再配布等もご遠慮ください。以上をご理解の上ご利用下さい。

 

紙について

カレンダーに使う紙については、コピー用紙やクラフト紙など好きな紙を使えば良いのですが、個人的には少し厚めのものが良いと思います。

ナタリはキヤノンの両面厚口を使っています。裏写りもそれほど気にならないので、このカレンダーに限らず両面印刷する時はいつもコレです。

今年も個人的なカレンダーは、厚口の表紙に薄い黄色いコピー用紙(中表紙?遊び紙?)を付けて製本しました。
自作カレンダー

毎年同じレイアウトだけど、ボクにとってはこれで充分なんだよね。
トラベラーズノートカレンダー

 

今回かなり前に試しに買ってそのままにしていたトモエリバーにも印刷してみました。
トモエリバーといえば薄くて軽い手帳用の紙として有名ですね。トラベラーズノートの自作ノート用紙として利用している人も良く見かけますが、今回のカレンダーに関してはあまり良い感じではなかったので使うのを止めました。
トモエリバー

トモエリバーはホント驚くほど薄い紙で、印刷した文字の裏写りが目立つので、今回のこのカレンダーには向かない感じでした。それにページ数が多いワケじゃないからこんな辞書みたいに薄い紙である必要はないなぁと。
トモエリバー 裏写り
その内セクションノーを自作するときにでも使ってみようと思うので、その時に改めてトモエリバーの紹介するつもりです。

アンケート結果

そう言えば去年、使っているカレンダーは「日曜始まり」か「月曜始まり」かというアンケートを取ったのですが、1年間取りっぱなしでした。。(汗)
今回結果を載せておきたいと思います。
アンケート結果
204人の回答中、月曜始まり62.3%日曜始まりが37.7%となりました。
結果としては意外なものではありませんでしたね。回答は200ちょっとでしたが、世の中も大体こんな割合なんだろうなぁって気がしています。

ボク的には、どちらが多いとか少ないとか関係無く、割合的に6:4程度あるなら、当分はどっちも作らないとだめだなーってのが分かりましたw

遅くなりましたが、アンケートにご協力くださった方にお礼申し上げます。ありがとうございました。

まとめ

今年もなんとかカレンダーを作る事ができました。公開も少し遅めでしたが11月中にできたのでまぁ良しとします。

純正カレンダーは9月中旬に来年分が販売開始なのを考えると、本当はもう少し早いほうが良いんだろうけど、正直「そんなに早く作ってどうすんの?」って思っているので、どうしてもこの時期になっちゃうのでしたw

あと、「2月いらなくね?」という意見があるかもしれないけど、ページの都合上無くしませんのであしからずw

というわけで、もしこのカレンダーに使い道がありそうな人は是非使って見てください。間違いがないよう何度もチェックしましたが、それでもミスを見つけたらこっそりやさしく教えてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-トラベラーズノート

Copyright© 電気通う , 2017 All Rights Reserved.