電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

やるぜ、筋トレ! IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセットを購入したよ!

フィットネス



アイロテック ダンベル

実は秘かに筋トレをやってるナタリ(@denkikayou)です。どもっ!

今回は今まで使っていた20kgセットから、さらに筋トレに励もうといことで、より重いアイロテックのダンベル40kgセットを購入したのでご紹介しようと思います。

 

 

アイロテック ラバー ダンベル 40KGセット

今回買ったアイロテック ラバー ダンベル 40KGセットは、プレート(重り)に装着するラバーリング付き20kgのダンベルが2つ入ったセットです。

それでは開封しながらご紹介。

届いた箱は2つです。どちらの箱も20kg程度あるので、見た目に反し小さい箱が異常に重たく感じたわ。
アイロテック ラバー ダンベル 40KGセット

 

箱を開けるとこんな感じ。
ダンベル 40KGセット

 

届いたモノは、大きい箱の中身がラバーカバー、シャフト2本、2.5kgプレート4枚、1.25kgプレート4枚。小さい箱には5kgプレートが4枚でした。
ダンベル 40KGセット

 

プレートは、1.25kg、2.5kg、5kgがそれぞれ4枚ずつ箱に入っています。
ダンベルプレート

 

プレートはこんな感じ。本体はツヤ消しブラック、文字は銀で塗料されていて、何だかカッコイイです。造りもバリなどはなく良い感じでした。
ダンベルプレート

 

ラバーを取り付けるとこんな感じ。
取り付け自体は12個もあるし付けづらいしで中々面倒。ただ付けたら外す事はないので最初だけです。つべこべ言わずに取り付けよう。ラバーは多少油っぽくニオイもあるので洗剤で洗いました。
ラバーダンベルプレート

 

シャフトは1本ずつ紙の筒に入れられてます。
ダンベルシャフト

 

シャフトの両端はネジになっていて、プレートを通しカラー(留め具)で止めるようになっています。キレイにメッキされていていますが、使っているうちにどんどん剥げてきそうだなぁ。既にキラキラした小さなものが床に落ちてるしw
ダンベルシャフト

 

シャフト自体の重さは2.5kg。当然ダンベルの重量に含まれています。
持ち手の部分はローレット加工がされていますが、激グリップするような鋭い加工ではなく、強く握っても痛くならなさそうななめらか(?)な感じになってると思います。
ダンベルシャフト

 

合体! 片手20kgとしてプレートを取り付けた状態。
今まで使っていた10kgのダンベルに比べ、1つが20kgは相当重く感じます。「うわーマジかぁー」って感じ。この重さ扱えるようになるのはいつになるやら・・・
アイロテック ラバー ダンベル 40KGセット
ただ、ズシリと感じるその重さに少しだけ弱気になりながらも、「今よりもっと筋肉つけてやる!」みたいな闘志も湧いてくるw 新しい筋トレ器具ってそんな気持ちにさせてくれるのも良いところだよね。

 

それでは今回アイロテックのダンベル40kgセットを選んだナタリ的にポイントですが、

  • アイロテックであること。
  • ラバーのカバー付きであること。
  • 片手20kg(40kgセット)であること

以上の3つが主なモノ。

まず、「アイロテックであること」ですが、これは単純にカッコイイ感じがするからですw 筋トレするぞ!というやる気やモチベーションに関わってくる気もするので、好みのモノを選んだ方が良い効果があるかもw

次に「ラバーのカバー付きであること」ですが、ラバーカバーのメリットとしては鉄のプレートが直接当たらなくなるため、「床にキズが付かない」、「プレートの交換が静かに行える」といった点があります。
アイロテックにはカバー無しのセットもありますが40kgセットの場合価格的に1,500円程度しか変わらないので、メリットを考えると絶対にラバー有りのセットにした方がいいでしょう。フローリングの部屋で使うならラバーリングは必須アイテム。

最後の「片手20kg(40kgセット)であること」ですが、これはホントに悩んだところ。
よくネット上で見かけるダンベル購入時のアドバイスとして、「20kgセットより40kgセットを」「40kgセットより60kgセットを」というのがあります。続けているうちに必ず重さが足りなくなるので、最初から重いダンベルを買っておけということです。
実際ボクも20kgのセットでは足りなくなって40kgセットを買い増ししているワケですから、このアドバイス通り最初に40kgセットを買っておけば出費は抑えられたことになります。
ただし、実際の所、長続きするかどうかも分からない筋トレのために初心者が1万~2万円かけて40~60kgもの鉄の塊を購入する気になるかと言われると、これって中々難しいですよね? なのでボク的には多少ムダが生じても段階的に買い増ししていくのも有りだと思っています。重さの違うダンベルが複数あると便利なので買い増ししても古いダンベルはムダはならないしね。そんなワケで今回はワンランクアップということで40kgセットを選びました。この判断が正しいかどうか分かるのは40kgセットを使いこなせるまで筋トレを継続できた時だねw ガンバロ。

 

最後に元々持っていたダンベルと並べてみた。
 ダンベル 10KG 40KG

元々のモノはリーディングエッジのアーミーダンベル 20kgセットというもの。鉄製のダンベルではなくポリエチレン素材の容器にセメントなどを詰めたもののようで、サビない、鉄臭くならない、床にキズを付けにくいと言ったメリットがあり気に入って使っています。

 

 

価格も鉄製よりは安いので、「ひとまず筋トレ初めてみようかなぁ~」なんて人の最初のダンベルとしては悪くないと思います。だた、「重量の変更が面倒」「拡張性がない」そして画像でも分かるとおり「重さの割に大きい」といった点など、使っているうちに必ず不満は出てくると思うので、「筋トレは絶対に続けられる!」という強い自信の持ち主は、初めから鉄製の40kgセット・60kgセットを購入するのがやはり正解なんだろうと思いますよ。(ただ筋トレなんて長続きしないランキングで第1位らしいので判断は慎重にどうぞw)

 

まとめ

今回は種目によりダンベルの重量が足りなくなってきたので、新たに IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセットを購入したという話でした。

実際に使ってみた感じは、「アイロテックならではの良さ」があるのかは他を知らないボクには分からないけど、造りはしっかりとしていて良い物だなぁという感じはしています。重たいモノですから脱落したりしないしっかりしたモノがいいですから、その点で言えばアイロテックって安心感があるんだろうなぁって気はしています。
それにアイロテックにはプレートも単体販売しているので、もし40kgセットで足りなくなったら、次は5kgプレートの追加で拡張してみたいと思っています。

筋トレって最初はホント大変でしたが、やっていくうちに少しずつ成果が実感できるようになって何とか続けてこれた感じです。新しくダンベルを買ったからには今後も頑張って行こうと思います。

 

「ダンベル買うならラバー付き!」最後にもう1度言っておく。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-フィットネス

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.