電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

キヤノン EF 50mm F1.8 IIを購入!

カメラ キヤノン



CANON EF 50mm F1.8 II
どもどもっ!カメラはすべてキヤノンなナタリ(@denkikayou)です。
今回はキヤノンのレンズ「EF50mm F1.8 II」を購入しました。まぁ購入といっても知り合いから安く売ってもらったったんですけどね。そこで有名過ぎるこのレンズを今更ではありますが紹介しようと思います。

明るい単焦点

コストパフォーマンスに優れているこのEF 50mm F1.8 IIは、「神レンズ」とか「撒き餌レンズ」なんて呼ばれたりしますよね。まぁ撒き餌レンズが良い意味なのかどうかは置いといて、キヤノンの純正レンズとしてはとても安く、しかも明るくて写りも良いということでとても有名です。
CANON EF 50mm F1.8 II
外観は多くの人が言う通り、プラスチックな手触りで安っぽいというのは本当のこと。
徹底してコスト削減した結果だとは思うのですが、それでもガタつくような感じではなく、作りがチャッちいわけではないですよ。材質のとっっっっても安っぽくいってだけです。
CANON EF 50mm F1.8 II
マウント部分もプラスチック。精度は大丈夫なんだろうか?なんて思うけど、そんなのが問題になるくらいなら、神レンズなんて呼ばれるワケがないから心配いらないよね。

EF50mm F1.8 IIの良いとこ悪いとこ

このレンズの良い思う所。

  • 何と言っても安いというところ。どこのお店で買ってもほぼ間違いなく1万円以内。
  • 単焦点レンズならではの明るさ。F1.8の明るさはやっぱり良い。
  • 大口径ならではのボケを生かせる。
  • 軽くてコンパクト。重量はたった130g。

やっぱ悪いところだってある。

  • USMじゃないので、AF時の音が大きく、早くはない。
  • フルタイムマニュアルフォーカスじゃない。
  • 円形絞りじゃないので、絞るとボケが5角形になる。
  • フォーカスリングが使いづらい。細いからというより外径より一回り小さいから。

以上こんな感じかな。

手に入れた理由

実は50mmのレンズは、EF50mm F1.4 USMを前から持っていたため、今までEF 50mm F1.8 IIを購入しようと思ったことはありませんでした。
しかし、今年になってからEOS MやEOS Kiss X7などの軽量なカメラを手に入れ、あらためて「軽さは正義」だと気づき、EF 50mm F1.8 IIに興味が湧いたのでした。決して重いレンズではないEF50mm F1.4 USMと比べても、半分以下ですからね。ホント軽いです。上で悪い点を上げているけど、ボクにとってはそんなの軽さで全部吹っ飛んじゃいました。
「レンズは絶対に単焦点の方が良い!」とは言わないけれど、明るいレンズであることに越したことはないですからね。軽量コンパクトなカメラにEF50mm F1.8 IIはちょうど良いバランスで、それが購入するきっかけになりました。

まとめ

手に入れてから全然使っていないので、まだまだこれからなんですが、もともとの目的であるEOS MやEOS Kiss X7に付けて使ってみたら、また紹介したいと思っています。
キヤノンユーザーならば、避けては通れない「EF50mm F1.8 II」。買って失敗するようなレンズではないので、興味のある方は安いし思い切って購入して良いと思いますよ。特にズームレンズしか使ったことのない人ならなおさらオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-カメラ, キヤノン

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.