電気通う

電気の通うモノが好き。たぶんそれが話題の中心。iPhone、iPad、PC、デジカメをメインに、アプリやアクセサリーなども含めて、気ままにいきます。

2013年5月5日 

VMware Fusionが原因!?vmware-vmxのCPU使用率が100%を超えでファン全開!

Mac アプリ




ボクは自宅のMac miniにVMware Fusionをインストールし、その上でWindows7を動かしていますが、あるとき急にMac miniのファンが全開で回り始める現象が発生しました。
この現象は仮想PCを動かしている時に発生するので、やはり怪しいのはVMware Fusionだろうということで調べてみたところ、いろいろな人が同じ現象を経験していることが分かりました。

詳しい状況は、特に重たい処理をしていなくても、何故かvmware-vmxのCPU使用率が100%を越えてしまい、結果ファンの回転が速くなるというもの。
これはVMware Fusionの問題らしく、前のバージョンでも確認されている現象らしいです。
そこで解決法を調べてみたところ何点か見つかりました。

 

vmxファイルを編集する方法

まず試してみたのはDisce gaudere. 楽しむ事を学べ。さんのサイトにあった、.vmxファイルに一行に設定を追加するというモノです。
VMWare Fusionでvmware-vmxがCPU使用率100%を越える状態を解決 - Disce gaudere. 楽しむ事を学べ。

仮想PCをシャットダウンしている状態で、.vmwarevmフォルダの中にある仮想マシンの設定ファイルである.vmxファイルを開き、以下の1行を追記する。
isolation.tools.hgfs.notify.enable = "FALSE"
これでひとまず現象がおさまったという人がいるんだけど、残念ながらうちのmac miniでは追記後も状況は改善しませんでした。だた、改善こそされませんでしたが、今のところ問題も発生はしていないので、ボクは追記したままにしています。

 

Windows7のIPv6を無効にする

次に試したのは、仮想PC上で動いているWindows7のIPv6を無効にする方法。
ゲストWindows7の「ローカルエリア接続の設定」を開き、IPv6のチェックを外し無効にします。現状ではIPv6は無効にしても差し当たり問題はないと思います。
Ipv6 mukou
ボクの環境ではこの対策を行った後から、vmware-vmxのCPU使用率が正常になり、Mac miniのファンが爆音を轟かせることがなくなったような気がします。
ただし、vmxファイルに追記した1行もそのままなので、この方法との合わせ技な可能性もなくはないですね。IPv6を無効にしたタイミングで症状が良くなったように思うので、うちの環境ではIPv6無効が有効な手段だったのだろうと思っています。
実はこの方法もどこかのサイトを見て知ったんですが、あの時見て以来、どこをどう検索しても探し出せなくなってしまいました。というわけで参考にしたサイトは現在不明です。すみません。

 

メディアプレーヤー関連の解決策

Love the reasonさんのサイトに書かれているメディアプレーヤー関連の解決策。
Love the reason: VMware Fusion 上のWindows7 の手入れ

ボクの環境では発生していない状況だけど、ファンの音がピタっと止まったそうので、今後の参考として載せておきます。

 

一応まとめ的なモノ

今回はWindows7をゲストOSとして使っている環境での結果です。しかし正直言ってどの方法が決定的に効果があったのかは分からないんですよね。だた、現在は明らかに改善されたのは間違いないので、同じような症状が発生している人は試して見る価値はあると思います。
ゲストがWindows8の場合も同じように試してみましたが、ごくたまにファンが全開で回り始める時があり、Windows7の場合と結果が少し異なっている感じでした。
今回は気になっていたvmware-vmxの異常なCPU使用率を改善するためにいろいろ試してみましたが、正直どの方法が有効的なのか分からない感じです。OSによっても違いがありそうなので、今後も調べていこうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでナタリをフォローしよう!


-Mac, アプリ
-,

Copyright© 電気通う , 2018 All Rights Reserved.